さわたり的ギリギリ減量 life

アクセスカウンタ

zoom RSS 逃げポンがないと夜は時間がありすぎるぐらいで。

<<   作成日時 : 2008/05/01 00:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

こんばんは、さわたりです

パンヤ

砂の練習会が開催されてましたが、私は私で経験値を稼いでプロになるべく・・・

SW対戦を1回だけ。
1Hでパトミ、2Hで池。相手が続けてミスをしてくれたのですが、池から復帰後チップインパー^^;
3Hは私がグリーンを外すが、風1mだったので9Iでなんとか沈めました。

このあとは互いにミスなくすすみ、風1mの13H。
相手、神経使ってトマミ。こっち、打点変え忘れてただのパンヤ。

風7mだがほぼまっすぐの16H。
相手、コマンドミス(?)でパンヤ。こっち、トマミで何とかグリーンに乗る。

う〜ん、なんだかなぁ。
結局私は14でBSミスから一打落としただけで終了。何とか勝ちました。
これでプロまであと約760ぐらい。約2年のセミプロ生活にも終わりが見えてきた気がします・・・

ぁ、逃げポンオフ会@東京ですが、私は4日ののぞみ70号(8:16京都発、10:33東京着)で東京入りします。
東京に着いた後は未定。何もなければ東京タワーとか見に行くかもしれませんが・・・何かメーリスで流れてくることを期待しますねw
とりあえずスルタンのがんばれ馬券を買わないとなぁ

日記

起きたら8時。授業は午後からだから10時半に起きても間に合うのに・・・
なぜ8時に目覚ましをしたのか覚えていない。仕方ないので新聞読んだり適当に時間を過ごして家を出る。

そして家を出てから気づいた。「QMAするために早く起きたんだったorz」
せっかくの早起きをふいにしましたが、まだ日曜まで時間あります。明日は・・・時間ないなぁ。金曜に少しプレイしたいですね。

暫定税率復活のため、今日ガソリンを入れてきました。在庫がなくなるまで今の値段のままのような気もするのですが、万が一読みが外れたらつまらないですからね。
でも原付だからあまり効果はないよなぁ。
国道沿いのガソリンスタンドでは売り切れの店もあったようです。幸い私が通る道沿いは全店営業中でしたが。

今年こそ!目指せ60キロ!第58幕

本日の計測
69.6→69.6

週間体重計測
日曜:68.8kg
月曜:69.4kg
火曜:69.0kg
水曜:69.6kg
木曜:
金曜:

平均:69.20kg

ちょww待てww
今日の激増は全く予見してなかったので落ち込み。なぜだろう・・・そんなに食べてもないし・・・
明日の数字を見ないと分かりませんが、この増え方はかなり不可解です。ん〜不安だなぁ

せっかく新聞読んでるんだから自分の意見を書いてみる@4月30日

新聞を読み始めて実質1ヶ月。色々勉強した気がします。さて、今日のお題は・・・

教育基本計画に具体的数値目標は必要か?

昨日に続き、教育関連。今日は日本の知力ではなく、社説の方ですが。

ゆとり教育が失敗に終わった。そこからの転換として新たな方針を決定した。
「欧米と並ぶような水準の教育を達成する。」とか「教員増員は条件を整備しながら」とか書かれてる。
それに対して「具体的な数字を出すべき」という社説。

たしかに予算や教員増員は具体的目標がほしい。まだ数年先の話ですが、国が決めないと地方も動けないわけですから。無闇に延ばさず、出来るだけ早く決定すべき。若干の修正が必要ならそれは別途でも構わない。改革の程度を示す意味で数字は大きな意味を持つ。

一方でどこまで引き上げるかという数値目標に関しては私は否定的。
偏差値教育が批判され、詰め込みだとか色々言われた過去の教育。そこから脱却を図ったゆとり教育。
ゆとり教育とは何か?私には「教育の幅にゆとりを持たせた教育」だったように思えます。
授業で義務的にやる内容が減った。残りの時間を教員にゆだね、教育の仕組みに幅を持たせたのだと。
勿論違うかもしれないが、私はそう思う。

が、そう考えると誤算は教員の質。
小学校の教員は大学教授とは違う。「小学校の教員になるのが夢だった」人もいれば「就職できず、教員免許を持ってたので滑り込みで教員になった」人もいる。
中学校では生徒も酷いが先生も先生でDQNな人も少なくない。
そんな低質な人間まで混ざっている教員に任せるのは無謀そのもの。無理やりだろうが詰め込みだろうが、昔のスタイルの方が良かったと考えるのは当然。

教育の成果に数値目標を設定するのは昔の詰め込み教育の復活を意味すると思う。勿論数字至上主義の教育が全面的に悪いわけでは無いと思う。だが高校生にもなると嫌でも数字と戦うような受験戦線に放り出される。小学校などの教育ぐらいはもう少し教育に幅があってもいいと思う。
ただし、それは教員の質が良いという前提がある。ゆとり教育は理想論で現実的ではなかったのかもしれない・・・

結論
@ゆとり教育は遊ばせる教育ではなかったはず。教育の幅にゆとりをもたせることは重要だと思う。ただし、若干理想論的な部分があったのは反省材料。
A教育基本計画に予算や人員の数値目標を設定する必要がある。より具体性を持たせるべき。
B一方、学力向上の数値目標は詰め込み教育の復活に他ならない。数値目標を出す時はそのことを考慮し、慎重にするべき。



編集後記
@
明日は木曜なので一限から。天気予報は晴れ。ついに木曜=雨の法則が崩れそうです。
原付に乗ってると天気予報に敏感になりますねぇ。

A
マリみて4巻「ロサ・カニーナ」を読んだ。あとがきで「太巻きを食べる習慣がある地方もあるらしい」とかいう記述があった。
1999年出版の本。今でこそコンビニなどが「これは売れる!」と宣伝した影響で全国的に知られるようになったようですが、元々西日本限定イベントのはずですもんね。
土用の丑もそうですが、何が原因で何が食べられるようになるかは分かりませんね。

B
さて、今からNHKマイル杯の勉強でもしようかな〜
NZT組ではアサクサダンディが一番良いように見えますね。
シタマチダンディ・・・


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
逃げポンがないと夜は時間がありすぎるぐらいで。 さわたり的ギリギリ減量 life/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる