さわたり的ギリギリ減量 life

アクセスカウンタ

zoom RSS 動くべきか、動かざるべきか

<<   作成日時 : 2008/08/31 00:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

こんばんは、さわたりです

サクッとこの3日間の行動を書くと
木曜:予定通り昼集合で結果的オール。
金曜:一旦帰って寝た後でゼミと送別会。
土曜:昼前まで寝ててラーメン食べて、アニメ消化してた。

以上、さわたりでした


ってそれで終わるわけないわな^^;
これからそれらのことをタラタラと書くので、気が向いた暇な方は読んでください。

例の話題(?)は超特大編集後記にて書きます。

日記

木曜

というわけで、昼過ぎに京都四条に到着!言わずと知れた京都の真ん中です、たぶん。
さっそく昼飯からのスタートになったんですが、どこにするか決まらない。先頭引っ張るタイプがいないメンツですから。

で、私の提案でパスタ屋に行くことに。前食べたときは中々美味だったんですが。
その日は・・・「美味しかった」という印象が残りすぎてたのか、まぁまぁ程度でした。オススメしてまで食べる味じゃなかったかな。でも友人が食べてたマグロの冷製パスタは美味しかった。

その後はラウンドワンにてビリヤードとボウリングをすることに。「練習の成果見せてもらいましょうか」みたいな感じ。緊張するわぁ><
ブログ読まれてて全然秘密の特訓になってなかったんですが、結果から言うと散々な成績でした。
ナインボールは7回やって師匠4勝、私2勝、もう一人の友人1勝。完全に負けてます^^
その後別のゲームをやり、それは2戦2勝でしたが・・・一人だとクッションとか狙いませんからね。そういう練習をもう少ししないとね。
でもいくつか練習の成果が見えるショットもあったので、それは満足です。今度こそナインボールでの勝ち越しを・・・

続いてボウリング。この日は2球目が徹底的に悪かった。ストライクは元々少ないので仕方ないんですが、きっちりスペアーを拾う展開にしないとスコアは伸びない罠。
ハイゲーム181、アベレージ151.8で終了。ん〜160越えなくなってきたな、最近。

ビリヤード2時間半、ボウリング2時間半。気づくといい時間です。ラウンドワンのおまけ、コインゲームやクレーンゲームを無料で遊んでたらそろそろ19時。

夜は食べ放題の焼肉にしました。そこも私の紹介で行ったんですが。クーポンがあれば安いアルコールまで飲み放題で2,780円なら悪くないでしょ。しかも食べ放題の割には肉もいいんですよね。
最後に出てきたシャーベットにはちょっと閉口しましたけど^^;(スーパーで売ってる100円のシャーベットがそのまま出てきた。

その後は適当にゲーセンで流してからカラオケに。
まぁそれなりに盛り上がった気もするのですが、22時半から6時までという長丁場を3人で!と言うのは若干きついものもあったかもしれない・・・
酒はそれなりの量だったのですが、あまり飲んだ感じがしなかったな。ウ○○の力のせいなのか、ダラダラ飲んでて感覚が無かっただけか。

と言うわけで、日付が変わって金曜午前6時に終了!18時間も遊んだのか。時間が経つのが無駄に速かったな。


金曜

そこから研究室に行き、12時から昼の送別会に参加する予定だったのですが、ちょっと面倒になってきた&もしかしたら若干酒臭いかもしれない(この辺は自分では気づきにくいところですよね)ので、昼は不参加にして一旦帰宅。よく考えると、京都に居るとはいえ、研究室までは電車+徒歩で40分。で、家から1時間少々なんですよね。あまり直接行くメリットがね・・・感じられなかったんですよ。

家には7時半にたどり着き、14時半に出発。6時間寝れたのは良い回復になったです。ちなみに帰りの電車で何回も寝そうになったのは秘密です^^(なので、本を読みつつ電車に乗ってましたよ。疲れてて寝そうになると、本を落としそうになって「はっ!!」と目覚める仕組み。酔ってて眠い時の対処法は・・・知らん><

ゼミをこなし、送別会。

同じM1の4人のうち2人も短期留学に行くそうです。私なら1秒でホームシック、1日で英語嫌い症候群で強制送還でしょう。周りが英語ばっかりとか想像するだけで倒れそうです。

で、毎度毎度の孤独を今回はクリア。うまく日本人が多いエリアに席をGETできました(ぉ
毎回毎回なぜか外国人の多いエリアに入ってしまってずっと無言なんですがね。だって何言われてるか分からないし。

そんなわけで、楽しく送別会を終えました・・・それにしても、彼らは帰ってきたら更に英語がうまくなってるんだろうなぁ。現状でさえTOEICで数百点単位の差で負けてると言うのに・・・お、おそろしいやつら!

いつもと違って終電以外で帰れました。ホント、これも嬉しい点だ。
そうか、話の長い教授が海外出張中だったからかっ!!

と思いつつ、気がつくと布団に入ったのは2時ぐらいでした、はい(マテ


土曜

んで、起きると12時。ダメ人間。
でも木金と激しかったですしね、1日ぐらいゆっくり寝ても。

で、今日はチラシが入ってた長浜ラーメン屋のプレオープンに行ってきた。
プレオープンということで普通の長浜ラーメンのみしかないのだが、普段630円予定なのにプレオープン中は300円!!!安い!!

よくわからないので普通の硬さをチョイスしたんですが、やや硬めの方が普通なんですか??
スープとチャーシューは凄くおいしかった。後でドテッとしそうだったけど。
でもね、麺が・・・う〜ん、硬め前提だからか、やわらかめで注文した替え玉でも、やわらかい感じはするのに、麺を噛み切った時の感覚が硬い。プツッと切れる感じなんですよね。
まぁラーメンは詳しくないのでよくわかりませんけど。

でもどっちかと言うと美味しい部類だと思いました。個人的にはこういう店の場合、チャーハンとギョーザもかなり重要なので、正式オープンしたらもう一度行ってみたいと思いました。

帰宅後は世界樹を適当にやりつつ、アニメを消化。しかしまだ5,6話ほど残ってるな。これはひまだりまでに見ればおk!


というわけで今に至る。
ちなみに世界樹は気がつくとレベルが25ぐらい。8階の泉を復活させるイベントはクリア。後はドラゴンの卵だっけ?じっくり攻めていきたいと思います。

さて、この辺で日記は終了とします。


以下、超特大編集後記

って、あの話題しかないですね。
逃げポンのサポート役。

ついに正式に募集の知らせが出ました。しかも既に数名立候補してる人がいるのじゃないか?という憶測まで出てます。

で、私ですが、立候補してみようかと思います。数日前までは見送りで考えてたのですが、周辺の様子+募集の記事で方向転換。手を挙げてみようかな、と。

以下、そこに至る過程などをつらつらと。

私個人がサポート役に求めるもの

他の参加者や募集を掛けている主催者がどういう条件を求めてるのかは知りませんし分かりません。
ですが、私個人がどう考えているのかを最初に書こうかと。

@高い参加率
これがないと始まりません。「低くない」が最低条件かと。参加率50%の人5人だと全員いない可能性は3%強。参加率70%の人3人だと共にいない可能性は3%弱。
結局主催がいない&サポートもいないでは話にならないわけで。参加することが計算できる人というのは条件でしょう。

Aそれなりの参加歴
当たり前ですが、代理主催です。初参加者に質問されて「代理なんで分かりません」では「おぃおぃ・・・」と思う人もいるでしょう。と言うか私は思います。’代理だから’という言い訳はしないで欲しい。
でも参加歴が短いと知らないこともあるかもしれません。勿論歴だけで分かるわけじゃないですが、あくまで一つの目安として。参加暦が短くても「逃げポンのことは何でも知ってるぜ!」という方なら全く問題ないです。

B常識、モラル
まぁ、これも無いと論外ですよね。
何度か言ったことがありますが、大会中に潤滑な運営を妨害してるんじゃないか?と思えるような人がチラホラ見られます。そういう人がサポート役として代理主催するのは想像するだけで恐ろしい。そういう人は真剣に勘弁して欲しいです。

Cそれなりのハンデ
逃げポン式スタートが定着している今、そこまで必要じゃないかもしれませんが、それなりに正確なスタート宣言がないとプレイヤーは混乱するでしょう。ロードが遅いと時計はズレるんですから。
そうなると、あまり低いハンデからサポートがスタートしてしまうと、後のスタート宣言に不安が。ホール移動中は時計が見えないし、ただでさえプレイに集中してるんですから。

D将来主催を引き継ぐ覚悟が出来ている人
私個人としてはこれも重視しています。これまで主催2名に頼りきり、実質ワンマンな状況で来たわけですが、プライベートもあるし、色々ある。
いつ主催が引退するかは分かりませんが、そういう日がいつか来るでしょう。パンヤが先に終わる可能性も否定できませんが。
もし現主催が引退したとき、私は当然サポート役が主催になってくれると信じています。
「主催が引退するならサポート役おります。後のこと?知りません。現主催のサポートをするとは言ったけど、それ以降なんて関係ないですよ^^^^^」ではちょっと困りますよね。
勿論サポート役=次期主催と直結するわけじゃないですし、そんな先のことは誰にも分かりません。でもその覚悟だけは欲しいな、と。


と、いくつか条件を出してみました。

他にもささいな点はありますが、面倒なので省略。

他に、こんなことを想定しています。
@サポート役はせいぜい3人。多すぎると混乱の素。場合のよっては2人でもいいぐらい。
A大会主催経験は不問。次期主催まで睨むなら、ある程度サポート役の代理主催は主催の練習としても良い。
B個人的なつながりと逃げポンでのつながりの明確化。
C選定に主催以外の特定の人だけが参加しないこと。

@は参加率の項でも述べましたが、50%の人5人に負担してもらうなら高い人2,3人で十分かと。
Aは・・・まぁそういうこと。

B私は今回の展開でやや見えましたが、主催と個人的なつながりがある人がいる。
それは全然悪いことじゃないし、ネットでの知り合いが実際の友人になることはいいことだと思います。
ただ、サポート役が出来たら、その辺の区別はしっかりしないといけないかな、と。
サポート役に知らされていないことが個人的つながりのある人には伝えられてる・・・というのはまずいかな、と。
それじゃあサポート役意味ねぇ・・・ってことになるでしょ。当然何もかも知らせる必要は無いですが、開催出来るかなど逃げポンに関することはサポート役に優先的に知らせるようにしないとダメじゃないかな、と。

Cこれも重要かと。
主催2人だけで決めるならそれはそれもあり。
一般参加者の意見も聞くなら、広く意見を聞くべき。特定の人間だけに意見を求めるのは・・・既に何か間違ってるでしょ?まぁ結果的に重要視される意見とスルーされる意見はあるかもしれませんが、特定の人間の意見だけで十分です^^と決めてかかるのは良くないでしょうなぁ・・・


以上。



で、私は元々、今回はスルーしようと思ってました。意見は色々言うだろうけど、自分で立候補はしないかな、と。
でも、プチさんの募集記事を見て気が変わったです。私がスルーしようと思ってた理由は合計3つ。

@GWのあれこれ
これは小さな小さな理由です。あれで出来た軋轢をどこまでクリアできるかな、と。
でももう5ヶ月近くも経ちます。そこまで気にする必要は無い、と。ただ多かれ少なかれ躊躇った理由の一つではあります。

A1年半後の就職
これは結構大きな理由。
当然ですが、就職は大きな変化です。その後のことは誰にも分かりません。当然就職は決まってないし、方向性も見えたり見えなかったりです。更にその前には就職活動もある。
そして私はサポート役の条件に「次期主催をする覚悟があること」としました。当然、就職まで考えるとそこまでの責任は持てません。勿論就職してから数ヶ月後に戻ってくる可能性はありますが、そんな不透明な未来があてになるわけない。仕事次第では23時に帰ってこれないような仕事かもしれませんし。
そこで、一旦は見送りの姿勢を取ったのですが・・・
---------------------------------------以下妄言---------------------------------------
プチさんのモチベーションは相当下がってると。数ヶ月前の提案なら間違いなく拒否していたであろうサポート役をあっさり募集した。募集記事でも「やめようかな」という旨の発言がちらほら。
そう近々引退する予定があるとは思えませんが、万が一の場合を考えると・・・ね。
仮に年末ぐらいで引退があったとして、その先は1年3ヶ月ある。
もし、そこで主催になる可能性があるとして、その1年3ヶ月ならある程度の役割は果たせそうかな、と。
でも、私が立候補して、1年以上先に現主催の引退があった場合、「就職あるんで主催なんて出来ません^^^^」と無責任なことを言う可能性が高いかと。その辺は不透明ですが、よく考えると社会人でも1年先なんて100%見えてるわけじゃないんでしょうし。そこまで考えすぎる必要は無いのかな、と。
---------------------------------------以上妄言---------------------------------------

B参加者として
これが一番大きな理由。
これまでブログでも一参加者として言いたい放題してきました。
これも主催ではなく、参加者だからこそ見えてた部分があると思います。
現にGJ杯では全然見えないこともあるだろうし、良かれと思って変更したルールが失敗で数回で終了したこともありました。
そういう面での不安があるし、私以外にブログなどで主催にあれこれ口出ししている人があまり見られないのも現実。どこか私の知らないところでは結構書かれてるのかもしれませんが、逃げポンサイトのリンクなどを覘いているとあまり無い感じ。リンクのないところは基本的に見えないしねぇ・・・

参加者としてこれからも余計な口出しを色々していくのも一つの手なんですが、サポート役に手を挙げてみることに。その辺の理由は深くは詮索しないでください。


以上です。
「あれ?GJは?」と思う人もいるかもしれませんが、それは問題ないでしょう。とりあえずサポートは。
引退後まで見据えても、GJは月曜だけ。大きな問題ではないかと。
また、システム面などは大きな不安点ですが、これは誰がサポート役になってもあまり変わらないでしょう。あそこまで凄いシステムを作れる&いじれる人が逃げポン参加者にそういるとは思えませんし。

でも一番大切なのは「主催の手助けを少しでもしたい」という心意気でしょう。
ただ、それだけで採用していては色々と困ったことになるんでしょうけど。


さて、今からサポート役立候補のメールを送ることにします。
採用されるかどうかは分かりません。他に誰が挙手しているのか&何人ぐらい挙手しているのかが全く見えないのは・・・状況をより難しくしていますが。


さわたりでした。


一番最後に
文中、かなり主催の引退の可能性について記述しています。
当たり前ですが、私としても一参加者として現主催に引退して欲しいとは思ってませんし、パンヤ終了まで主催であり続けて欲しいと思っています。
でもサポート役に立候補するのなら、いろいろな可能性を考えなければならないと思います。
そしてそれらの中で一番重要になるだろうと思ったからこそ、随所に引退のケースを入れているのです。

その辺はほとんどの人は分かってくれていると思いますが、ごく一部勘違いしている人がいるかもしれないので、敢えて明記しておきます。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
逃げポンについて、そこまで深くまで考えていたさわたりさんを尊敬してしまいました。
私はそんなに沢山参加できる方ではないので、サポート係になることは無理だと思います。
でも、サポート係さんに決まった方の迷惑にならないように参加するよう努力したいと思います。
egaccho
2008/08/31 23:42
たぶん私以外にも色々考えている人は結構いると思います。ただブログなどで全員に見える形で書いてる人が少ないだけで。
私自身、自分に不適格な部分が少なからずあるとは思っています。でも完璧な人なんていませんから・・・少しでも助力できればいいかな、と。
私も出来るだけ決まったサポート係は応援したいと思います。ただ、重大な問題点が出たらまた長々と書くんでしょうけど(ぁ
さわたり
2008/09/01 01:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
動くべきか、動かざるべきか さわたり的ギリギリ減量 life/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる