さわたり的ギリギリ減量 life

アクセスカウンタ

zoom RSS 1HティーのBSミスは最後の最後まで響きます。

<<   作成日時 : 2008/10/30 02:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

こんばんは、さわたりです

パンヤ

今日は逃げポン。主催者不在でサポート係の出番でした。
色々とミスしましたが、気にしないで下さいorz
自分でもなんでか分かりませんorz
以後気をつけます

昨日出席していたら確実にハンデ8に落ちていたのですが、昨日は帰って来ると日付が変わるころ。
当然、欠席でしたから。一人寂しく9分待ちでスタート。

いやぁ、なんかダメでした。
3H目の9H、アプBSミスでグリーン外。外パター決めるも、いやな流れ。
4H目の2H、風の向きと狙いの向きがチグハグすぎます。トマ成功なのにとんでもない方向に飛び、バンカー直撃&跳ねで40yぐらい飛びました^^;
5H目の17H、ティーはmaxで打たないとダメなのに、なぜか9割ショットで余裕のOB。でもなぜか打ち直し後の第4だがチップイン。運だけは悪くない。
その後は結構安定したかな。トマミトマもありましたが、大事には至らず。
そして15H目の6HではトマバックHIO!!風が良いので狙ってみました。

結局金トロまでGETし、タイムは14分35秒でハンデキープ!!ですが、降級点でハンデダウン。
ハンデ9はいつまでもキープできない。タイムで落ちる前に降級点リセットに成功したので、満足です。


2次会は西。
1HティーのBSミスが全てだった。
その後もところ構わずBSミス連発。
11Hではスパイクが城の先端(?)直撃でOB&迂回。話になりません。
最後はトマ1ONは成功したけど、パトミ。タイム?知りません!!

3次会はBL。ここから少人数。
スタートダッシュを決めるとそのままGO!
5Hで距離を誤ってLP。
しかし6Hで本日2つ目のHIO。再逆転。
若干距離が合わない病に悩まされ気味でしたが、そのまま逃げ切り、13分52秒。

4次会はSW。
今度は4Hでトマミトマがグリーンに乗らず、一気に遅れる。
6HでもBSミスころころ。
7Hぐらいからは回復し、追います。でも折り返しで憐さんとは20秒差。こりゃ無理だ。
そして16、風車に憐さんが捕まる間に前へ。
最後はギリギリ逃げ切り、14分40秒。

5次会(笑)はPW。
さっそく池直行。
順調なラウンドでしたが、8Hアプでトマ予定なのに、何も考えずBSして砂に捕まる。バカですね。
それでも逃げ切り、13分36秒。

気がつくと、どれも決して悪くないタイムだし、好調と言える類。でも満足せず精進せねば。
特に1Hティーでミスして出遅れた西が酷かった。あぁいう展開でもしっかり追わないとね。


明日はハンデ8で西です。14分台じゃないとキープできないので、気合入れていきましょう。
全部11Hと18H次第のようなきもしますけどね。


日記

火曜
1限の授業を終えた私は急いで研究室へ。
3時半就寝で6時起床+最低気温一桁の寒さでバイクを運転しつつ寝そうになりました(ぉぃ

そして14時からゼミ。私は最後の予定でしたが、一つ繰り上がってました。
発表の内容は結構スカスカなのですが、凄く頑張ってるっぽく誤魔化したパワポ。
何とかなったのでホッとしてます。えぇ、ディスカッションは英語で私置いてけぼりでしたけど。
まぁ、「こんなのダメだ。何研究してるの?」みたいなことは言われなかったので、all okです。

ゼミが終わると店に移動し、打ち上げ(?)
16人でしたが、店の都合で8人×2テーブル
教授の卓では当然のように生中×8が注文されたのですが、こちらの卓では客員教授が「アツカン」と言ったところから大脱線。
最初の注文で熱燗×5とか何事ww

乾杯もジョッキでカチン!とやる教授卓に対し、お猪口でコツン、とやるウチの卓。こういうの好きだわ。
なぜか追加注文も熱燗中心でした。えぇ、ビール飲めない私にはありがたいですけどね。

それが終わると21時半。どう考えても家に着くと23時は過ぎるなぁ・・・と思いつつ、帰宅の途につきました。


水曜

就寝1時、起床12時半orz

以上。

いいんですよ、今日は。寝て回復するのが目的ですから。えぇ。

以上、さわたりでした。


編集後記
@
アニメ、追いつきそうにない。ちょっと間隔あいたな。

蘭18話。
神田先生の言うとおり、ツッコミどころが多すぎて困る。
最後の無茶っぷりはなんとも言えない。これまで私利私欲なことって一度もなかったのか?と思いつつ、やっぱり元から人は住んでたのか・・・と色々不思議な気持ちになりました。
ところで島唯一のホテルの女将が飛行機に乗ると残されたホテルの客はどうなるんですかね・・・?w

ラインバレル4話。
理沙子と主人公、そして矢島との対比が面白い。主人公&矢島の色々が見えないポジションにいるから変化のない、日常の幸せを求める理沙子。カッコいい上に性格がよく、主人公のことを真剣に考える凄い人間、矢島。
そして力に溺れてダメ人間まっしぐらの主人公、浩一。面白いねぇ。
矢島を殴りつつ、とどめをさせない浩一。まぁこの辺はよくある展開?
最後の暴走シーンは若干シンジ君を思い出しましたが、これで流れは変わるはず。今回の無茶は仕方ないですよね〜


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
1HティーのBSミスは最後の最後まで響きます。 さわたり的ギリギリ減量 life/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる