さわたり的ギリギリ減量 life

アクセスカウンタ

zoom RSS まるでなにもなかったかのように

<<   作成日時 : 2009/04/25 01:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

こんばんは、さわたりです

ん?

パンヤ

今日の逃げポンはDIでした。
ハンデ9でスタート。パンミがいくつか目立ちますが、気になら無い程度。えぇ、最後にツケは回ってきたのですが。
15Hは池ポチャからのショットですが、ここで考えがまとまらず、打ち直しとかしてしまう。まだまだ若いよのぅ。
最後の17Hでパワーが足りず2ON失敗という酷さ。それでも14分45秒でまとめられたのは、それまでがある程度しっかりしていたから。

2次会の砂はやはり9Hが課題。バナナの曲げる量や狙う位置、パワー。
結構細かいんですよね、スパは難しい。
他にも2,3のミスがあり、一応14分台といったところ。15Hで跳ね返されたのでタイムは期待できませんでしたねー

と、スピード2試合。
ミッション8ってまだ続いていたのね。
23日のメンテまでだと思ってセカンド急がせたのに・・・ま、いっか。

セカンドでも少々遊びたいなー

日記

木曜

特筆事項なし。
朝眠すぎて、家を出るのを1時間遅らせた。
しかも交通手段の都合で駅→研究室を徒歩にしたので、いつもより2時間遅れぐらいで着いた。

妨害工作員が健在。
とりあえず夜に向けてブログを書き、ちょっとした作業の手伝いなどをしているうちに帰宅時間となりました。

帰宅はやや遅かった。
自室に上がると22時ぐらい。30分だけ寝るかーと思い、タイマーせっとしたのに・・・



金曜
目が覚めるとAM5時でした。
ぐっすり寝たわー・・・ってちがーう!!
またしてもサイレントモードになっていたようです。
アラームはサイレントモードでもちゃんと鳴らして欲しいよ・・・ってそのためにオリジナルマナーモードってのがあるんだけど。

この日はちゃんと研究室行きましたよー
またしても妨害されたよー
トイレにたってる隙に机に落書きされたよー
ぶっちきれてきたよー

日本人学生が多かった。色々と話をしたけど、なんか私もM2になって妙に老けて来た気がするのぅ・・・

ひぐらしは第3日まで終了。部活動入部でカードゲームする辺りですわ。
まだまだ序盤やね。とりあえずおはぎに針が入ってたところまでプレイ済みなので、そこまではサクサク進みたい。
しかし、ひぐらしやってる時に准教授が私のところに来た時は超焦った。
速攻で最小化したけど、切るところまで出来ないと安心とは言えない。
万が一を考えると・・・ね。これからは気をつけないと。いつ向こうが用事を持ってくるか分からないですからね。

さわたりでした。


編集後記
@
編集後記という名のアニメコーナー
4夜連続の3夜目。昨日のは読み返すと内容の薄さが酷かったかな、と。
えぇい、そんなの気にしてたら何も書けん!!今日もガッツリいくぞー

第4夜は日曜になると思いますー

  第1夜・・・京アニの戦略と先見の力。導かれる結論は「けいおん」。そしておまけ
  第2夜・・・2009年4月スタートアニメ1st impression
→第3夜・・・2009年3月終了アニメ総括
  第4夜・・・2008年度総括+ベスト男性キャラ・女性キャラ・OP・EDなどなど。

おさらい
見ていたアニメ一覧(個人的放送順に)

空を見上げる少女の瞳に映る世界
CLANNAD(2期)
とらドラ!
タイタニア
明日のよいち!
ドルアーガの塔(2期)
Tales of the abyss
ガンダム00(2期)
鉄のラインバレル
WHITE ALBUM
アキカン!
絶対可憐チルドレン
スレイヤーズevorution-R

計13作

発表は上位から?下位から?
6月末、12月末は下位から、9月末は上位からだったんだよなー

そんなわけで3月末は上位からいってみましょー
毎度毎度ですが、85点以上で殿堂入りクラス、60点が標準点です。
13種もあるけど全然自重しない長さなので、やっぱり覚悟してください(ぇ


1位・・・CLANNAD(2期)(100点)

ついに100点出ちまったぜー。絶対出すまいと思ってたのにー
1期でキャラなどについて、視聴者は把握済み。思い出す目的なのか、最初に大人数が必要な草野球ルート。
続いてアフターに入る前のあれこれからスタート。この辺からも良かったですよ。
アフターに入ればもう京アニ独壇場。個人的にラストをどうするのか気になっていました。
原作は途中までゲームの強みを活かし続けたのに、最後の最後で崩れたように見えた。
アニメはその辺をまぁ綺麗にクリアしちゃったこと。原作を知らないと「夢オチっすか!!」と思いそうですが、あれ以外どうしようもない。
それに夢でいいんですよ、幻想世界が絡んでるから。原作プレイ時にあれこれ疑問に思ったことにも全て答えてもらった。
「やっぱりそうなんや?」とか「あぁ、そういう意図でしたか」とか。この辺も京アニはうまいよなぁ。
これ以上はもう無理じゃないかと思う。まさしく人生。

2位・・・タイタニア(90点)

面白かったー。テンポが良いから25分という長さを感じない。でも、展開が早いのに、分かりやすい。
ヒューリック側、タイタニア側の切り替えもうまく、互いの作戦や考えがきっちり見える仕組みだったのも良かったです。
主人公が如何にタイタニア家と戦うのか・・・完全決着はしなかったけど、一つの着地点は見い出した感じ。
終盤のジュスランVSヒューリックは圧巻でしたね。そしてやっぱりザーリッシュはバカでしたww
残念な点としては、結局リディアの役割が分からなかった。最後は何か関係するのか?と思ったのに。
無関係ならあのキャラは不要だったと思う。ただ固い雰囲気を和ませるだけのキャラなんて実質余分でしょ?
あのキャラをどう使い切るかが最後のポイントだったと思うのだが・・・
あと、リラが終盤に向かうにつれ、印象薄くなったなぁ。オムレツを中心に存在感を出そうとはしていたけど、成功したとは言えない感じ。

3位・・・アキカン!(85点)

これはやられたなぁ。面白かったなぁ。
無茶苦茶な主人公。ただただ振り回されていく周囲のキャラ。福山潤のアドリブが見事だったんでしょうな。
ずっとふざけているのに、最後の最後は決めてくれる主人公が妙にかっこいい。メリハリが利いてる感じ。
前半は1巻相当(?)の一連の話。後半はミニストーリー詰め合わせ。見ていて飽きず、良かった。
特に悪い点は見当たらないけど、俗に言う作画崩壊的な点が気になったなぁ。
あまり深く考えず、バカになって見れる良いアニメでした。
ただ、ラノベで読んでも全く面白くなさそうなのが不思議だ。
「生徒会の一存」シリーズもこういう感じになれば期待できる、と思った。

4位・・・ガンダム00(80点)

1期は組織同士の関係や、目的がやや見えず、しんどかった。
でも2期は関係図が分かりやすく、見やすかったです。次にどうなるか、何が起こるか良く分かった。
戦いと通してキャラ達が何を考えてるのか。過去との断絶。4年の時の持つ意味。
阿部君を含めてキャラが濃いのも魅力。それぞれが立ってましたよね。
唯一ワンリューミンの目的とか、その辺がイマイチ掴めなかったなぁ。まぁ大勢に影響ないけど。
1期からもっと2期に繋がる雰囲気があればよかったが・・・つながりがやや希薄な気もしたかな。
全てを理解できたとは思ってないけど、マイナスよりはプラスの方が明らかに多かった気がした。
でもガンプラを作る気には全然なれないのですが。

5位・・・絶対可憐チルドレン(75点)

序盤は声優に苦しんだけど、途中から呪縛が解けた。そしてバカになって見れるようになった。
するとそこそこ面白いじゃないか、と。元々「エスパーVS一般人の戦争が起こるのかどうか」といったガチなテーマと思って見ていたので、肩透かしと言うか、「ふざけたアニメつくってんじゃねーよw」みたいに思ってましたが。コンセプトをちゃんと理解したらそれなりに楽しめる。擬似ロリっぽい部分も慣れると自然にスルーできたし。
結論に繋がりそうな真剣な話も随所に入り、マンネリを回避しているのもうまい。それでいて少しずつ進展しているような、いないような・・・
たぶん来年4月スタートの2期で中学生編に突入するんでしょう。そんな最終回でしたね。漫画は知りませんが、きっちり答えを見せて欲しいですね。ただ、コナン同様、結論にたどり着くまで無茶苦茶長そうですが・・・
そういう意味で、2期があるとして、結論に直結しそうな話だけセレクトしたいなぁ・・・

6位・・・ドルアーガの塔(2期)(70点)

1期はまさかの「つづく」オチに激怒でしたが、今回は良かった。
序盤・中盤・終盤・ラストできっちり役割が分かれており、見やすい。
序盤、塔に登るまで。中盤、塔に登り、1階ずつ攻略。終盤、キャラ大集合、ギルガメス戦。ラスト、ニーバ暴走w
前作から引継ぎのキャラも多く、その分新キャラを把握するのも楽だった。1期とのつながりも深くて良い。
ヘナロは若干うざい気もしたが・・・途中で役割をバラすことで終盤のワクワクは増しましたねー
ラストの兄弟対決にイマイチ熱さが無かったですが、まぁそれを求めるアニメじゃないですな。
ただ、「一度登ったら戻って来れないぜ?」が当然のように覆されたのは・・・何も言うまい・・・
バッドエンド希望ではないですが、あれだけ覚悟して登っていったのに、あっさり帰還しちゃあ・・・ねぇ・・・

7位・・・明日のよいち!(70点)

点の付け方に最後まで悩んだのがこれ。
わっさんの面白さは異常。展開も面白く、特徴あるキャラをうまく使いこなしている。
せっかく女性4人いるんですからね。よいちも独特の性格で、コメディ的には大成功。
しかし、終盤に差し掛かる前に早くも飽きてくる仕様。結局似た展開しかしない上に、オチも似たようなもの。
アキカンとの違いは主人公の強さ。弱いけど必死になる分、カケルはかっこよさが増したなぁ。
最終話周辺は必死でガチっぽくしてみたようですが、それも失敗。
特に面白くも無く終了。しかも3話も使ったことでダラダラ。
一応最初からラストにあのキャラが関係するのは分かってましたが・・・
う〜ん・・・じゃあどうすれば良かったのか?と言われるといい案が思いつかないんだよなぁ

8位・・・鉄のラインバレル(65点)

主人公が熱すぎる。典型的な嫌われるタイプの主人公ですが、前にも書いたとおり、私は嫌いじゃない。
それより、問題点としては森次をはじめとして、キャラの思考があまりに分かりにくかった&ころころ変わった点。
じつは加藤もアレもコレも皆いいやつ!というのは何か納得いかない。肩透かしでしたね。
最後は綺麗に見える形で解決しているのですが、もう少しやり方があったような気がしますよね。
ラストで全員が生き残っているのもやや御都合主義に感じてしまい、残念。
でも主人公&矢島の4話と19話の熱さは凄くツボだったなぁ。

9位・・・空を見上げる少女の瞳に映る世界(60点)

分かりにくかった。
世界観の説明が終盤に差し掛かるぐらいでようやく。遅すぎますよー
主人公は別にして、残りの2人をラストまで引っ張る必要があったのか疑問。ラストの衣装もなんじゃありゃ^^;
でも戦闘シーンは素直にかっこよかったし、世界観も好きな部類。
あとはちゃんと下界との関係とかを作りこめればよかったのだが・・・
ちょっと女性キャラを出そうとしすぎたかな、と。ユメミのキャラは悪くなかったんだがなー

10位・・・White Album(50点)

序盤は面白かったんだけどなぁ。
あまりに流されやすい主人公に萎えてしまいました。ヘタレとは聞いてましたが、いくらなんでも酷すぎ。
マネージャーが嫌い!という人が多そうですが、私はそうでもない。
それより、あの障害をどう乗り越えていくのか、周囲の人の行動は・・・!?というところを着目していた。
なのにあっさりマネージャーと仲良くなるし。なんなのあれw
そういう意味で、一番興味深かったキャラは理奈ですね。
主人公が気になるけど、由綺と仲が良いから素直に応援したいような。で、マネージャーと戦ったり、マネージャーに流れる主人公を諌めたり。いいキャラでした。
原作がアレなので仕方ないですが、もう少し他の女性キャラから恋愛感情を引いた状態で2部はスタートして欲しいな。
ってそんな展開になると原作ファンが怒ってくるんですよね?う〜ん、難しい^^;

11位・・・Tales of the abyss(45点)

ゲームが微妙なのか、なんというか。
ゲーム未プレイではそれぞれの思惑などが分かりにくく、混乱する。
ルークは全員から見捨てられたのに、ずっとスパイ行動してたアニスは実質お咎めナシとか意味不明すぎる。
アニス・ジェイド辺りの「実はいい奴」ぶってるところも癪ですわ。
アニスVSアリエッタとかギャグにしか見えなかったし・・・
ラストはラストでまとめ、ルークの成長も見せた感じですが、他のテイルズに比べて変に暗い。
もっとスッキリした作りに出来たはず。無理にドロドロな方向に持っていったイメージも。
序盤と終盤はメリハリというよりギャップの大きさにとまどう点の方が大きかった。個人的にはイマイチ。

12位・・・スレイヤーズevolution-R(30点)

酷かったですね。
1〜5話ぐらいは前にも書いたとおり、本筋とあまり関係なく、カットしても良かった。
せめて3話程度にするべき。ここのダラダラで早くも見る気をそがれた。また性格改変など酷さが目立つ。
6話ぐらいから原作6巻の話に入るが、オチまであっさりしている。ズーマの生い立ちなど原作に加えて面白くなった部分はある。でも6巻のパートが結構あっさりしていたんですよね。あれ?ズーマもう終了?みたいな。
そこからは壷とポコタの話。しかしここでゼルが性格改変。無茶苦茶。
結局ポコタもオゼルも要らない子だった。既存4キャラに新しい要素を加えたかったのだろうが、それにレゾを使ったのは失敗。
どうせなら当たり障りのないところにすればよかったのに。あるいは4キャラで完全に新しい話でもよかった。
というかそれなら原作ファンもアニメ限定も等しく楽しめた気がするよ。

とにかく!原作2部のアニメ化を・・・はやく・・・


13位・・・とらドラ!(採点不能。殿堂入り)

もう書くことないでしょ。完璧。ぱーふぇくと。
どうすればここまで酷いものが出来上がるのか?
思考と行動の不一致。突発的な意味不明な行動。
そして都合よく改変されていく思考。普段はアタマ悪い行動しかしないくせに、突然マジになる。
アタマ悪い行動の結果をマジな行動で尻拭いしているようにしか見えない。あほすぎ。
あと、自分の考えに凝り固まりすぎて失敗する→真剣になるのコンボは見ていて虫唾が走った。
「本当はこういうキャラなんです」というより「こういうキャラになってくれたら都合がいいから時限措置で!」という印象もありましたね。で、その時期が過ぎると元通り。なんじゃそりゃw
少なくともアニメ化は大失敗。ここまで酷いのは・・・
歴代の酷すぎたアニメの全てを凌駕する酷さ。ここに殿堂入りを宣言する!
点をつけるとしたら・・・−20点ぐらいじゃないすか?イメージだけど。
なんで最後まで見たのか?そりゃ最後まで目が離せないぐらい酷かったから。
どこまで酷くなるの?って。で、24・25話の酷さはもう言わなくても見た人は分かる。
たぶん大酒飲んで前後不覚で見たら大爆笑しつつ見れるでしょう。シラフで見たらストレス溜まるだけ。



以上。
長く感じるかもしれませんが、1つのアニメについてもっと語れと言われると、もっと語れそうです。
特に下位の批判になるともう書ききれないぐらい。
でも、そんなことしても意味なさそうですし。最低限で止めておきます。

さて、残るは08年度まとめ。
今から過去記事さかのぼりつつまとめていくとしますね。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
昨日の逃げポンわ私わ定例会があったので未出席ですた(^^;
という事で次わ砂!
やっぱりバナナスパを美味しく食べれるか否かで
大きく変わってきマスにゃ〜〜〜♪
偽砂糖
2009/04/25 23:32
バナナスパは重要ですよね。風とピン位置次第ならバナナトマの方がいいような気がしますが、そのわけ方もまた難しい。
とにかく9以外でミスしないことが最優先ですね^^;
さわたり
2009/04/26 20:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
まるでなにもなかったかのように さわたり的ギリギリ減量 life/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる