さわたり的ギリギリ減量 life

アクセスカウンタ

zoom RSS 2011年度アニメのまとめをようやく。

<<   作成日時 : 2012/05/21 00:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

こんばんは、さわたりです。

ギリギリ減量劇場第11〜14幕

ルール
・体重は毎朝計る。飲み会の次の日も計測(ただし帰省など計れない環境は例外
・1日ずつだと変動があるので、週の平均体重を気にする。

目標!
・6月末に80キロに
・年末に75キロに
・それ以降はまた来年考えるけど、最終65は目指したい・・・!!

【2週目】

-----------------------------------------------
<曜日:体重(前日夕食>

月曜:82.1kg(食堂
火曜:82.6kg(食堂
水曜:83.0kg(お好み焼き+締めラーメン
木曜:82.5kg(食堂
金曜:82.5kg(食堂
土曜:81.8kg(懇親会
日曜:82.8kg(焼肉

平均:82.47kg

平均体重推移
82.84kg→82.47kg
-----------------------------------------------

むむぅ、なんだかんだで外食とかの比率が高め。
第3週は特になにもないはずなので、ここで一気に82を切って行きたいなぁ。

一応土曜の朝はプレ期間含めて初となる81kg台になったわけですし。

ただ、今日は寮でのイベントがあって明日はかなり重そうなんだよなぁ・・・
自重が足りませんorz


2011年度アニメのまとめ全3回の1!

ようやく昨日から・・・あ、日付変わったから一昨日から2012年度のアニメを見始めたわけですが、いい加減2011年度をまとめておきたいなぁと思ったものでして。


とりあえず、2011年度に見たアニメ一覧(ある程度は放映順
過去年度の再放送は含まない。

俺たちに翼はない
聖痕のクェイサー2
シュタインズ・ゲート
星空へ架ける橋
花咲くいろは
あの日見た花の名前を僕らはまだ知らない
日常
緋弾のアリア
アスタロッテのおもちゃ!
青春男と電波女
DOG DAYS
Aチャンネル
そふてに
神のみぞ知るセカイ2
ダンタリアンの書架
神様のメモ帳
異国迷路のクロワーゼ
BLOOD-C
バカとテストと召喚獣2
神様ドォルズ
輪るピングドラム
No-6
アイドルマスター
猫神やおよろず
うさぎドロップ
いつか天魔の黒ウサギ
ロウきゅーぶ!
ゆるゆり
たまゆら〜hitotose〜
ましろ色シンフォニー
LAST EXILE2
侵略イカ娘2
working2
ギルティクラウン
僕は友達が少ない
灼眼のシャナF
ガンダムAGE(2011年度未完
ベン・トー
あの夏で待ってる
パパの言うことを聞きなさい
キルミーベイベー
アマガミ2
輪廻のラグランジェ
境界線上のホライゾン
ブラック★ロックシューター
ミルキィホームズ2
妖狐×僕SS
戦姫絶唱シンフォギア

計48作。
約50。今年度も見たなぁ。
昔みたいにつまんなかったのをグチグチいうのはヤメ。
特に面白かったやつだけいきます。
数の都合上「普通に面白かった」まで広げられませんが・・・


というわけでさっそく。

今日は6位グループから。
トップ5には入れなかったけど。「かなり面白かった!!」という作品を。イメージは6〜10位ぐらいの感じ。


1つ目
『アニメでドラマは可能だということ』
・花咲くいろは

素直に面白かった。
人間ドラマ、面白かった。どことなく90年代にありそうな感じも妙にしっくり。
舞台の取材が綿密で再現度が高い点もそうですが、人物像、舞台設定もとことん現実味があり、非現実的なのは「アニメだから」というより「ドラマだから」という印象の方が強い。
ドラマ感はやはり主人公の祖母であるスイが出していた。ドラマには必ずいるよね、こういうキャラ。
で、旅館の話や学校の話に恋の話まで出してきて、舞台も北陸と東京と修学旅行とめまぐるしく変わっていく感じ。
こういう疾走感をもって2クールやったアニメってやっぱり凄いなぁと思う。
人間関係の描写もよく、人数の多い作品の強さを出した感じ。好き。
でもトップ5に入れなかった。
残念な点としては2つ。小見川が最後まで棒に近かったこと。ぶっきらぼうな感じを出すための配役なのかもしれないけど、棒読み感が強い。しかも成長すると見せかけて略ラストまでただの我儘キャラに見えちゃう。
あとは恋愛関連。東京で振られたと緒花が思うシーンがよく分からなかった。どう見ても考ちゃんが振ったように見えなかったんだよなぁ。それを結構引きずってラスト近くまで行くんですが、「あそこで躓かないととラストが盛り上がらない」という判断が絡んだ気が・・・しなくも・・・ないです・・・


2つ目
『2期で大化け』
・神のみぞ知るセカイ2

実は1期はあんまり好きじゃなかった。
3次元はクソゲーと言いつつ3次元の女の子に向きあう話のはずなのに、攻略対象になる女子はみんな「2次元然」としているし。
ギャグもイマイチでオチも弱く・・・という印象だったんですが。
2期では3次元ぽい(あくまで2次元の中でですが)女子とか出てきたり、所謂恋愛だけじゃない話も出たり、幅が広がった。
エルシィの友人が出たのも良かったなぁ。次第に3次元サイドに引っ張られる(ように見える)主人公も良し。機転が利くのは1期同様に「うまいなぁ」と感じた。
こういう話なら面白く見れたです。ただ1クールが限界な感じはすごくしますが・・・


3つ目
『×からの大逆転』
・ロウきゅーぶ!

私はアニメを見る前に期待度の印を入れる。
◎○▲△×☆まで。全く興味ないのは無印。
実際見るのは×まで。☆は「録画ぐらいはするけど見ないかな」ぐらい。×とか地雷覚悟で突進するイメージです。
ロウきゅーぶ!は×だった。ロリ狙いの地雷じゃないの?と思いつつ、話題だから見た。その程度。
でもバスケとかすごく面白いでやんの。バスケは詳しくないので、「戦略があーだこーだ」というのはサッパリだけど、わくわくした。おお振りの7割程度には。
途中ロリなエピソードも入るけど、逆にあのメンツで真面目にバスケばっかりしててもダレるのは明白。
バスケオンリーでやりたいならスラムダンクの再放送でも見ればいいわけで。
息抜き程度に入るロリっぽいエピソードがあるからこそ、ガチバスケとのメリハリが効くわけで。
いやぁ、こういう作品が出てくるから事前に見るアニメを絞りたくなくなるんすよねぇ。


4つ目
『日仏の美しさの融合』
・異国迷路のクロワーゼ

なぜOPがKOTOKOじゃないんだ!
からスタートしたアニメ(ぇ
数少ない原作所持のアニメでしたが、アニメでも日本とフランスの美しさは見事に出ていた。
ポイントは上記の美しさと「湯音を受け入れるクロード(の成長)」の2点。前者は出来たけど、後者は・・・
もっと湯音&アリスでどーでもいい日常的話とか多めで良かったのですが、「1クールである程度ストーリーある話をする」という信念でクロード&カミーユに傾きすぎた。そこが一番の主題じゃないのに。そこはもっと起用に短い話数で済ませればよかったんだが。
でも作品の世界観が個人的に大好きです。万人受けするとは全く思いませんが。


5つ目
『上辺だけの軽さ。引っ張ってはいけない重さ』
・パパの言うことを聞きなさい

バランス。この一言に尽きる。
初っ端「落ちるんじゃね?」という飛行機がやはり撃墜されるところから始まるアニメ。
「ご都合」といえばそうなんですが、最近のはもっと安直なご都合が多いので、古典的なご都合に懐かしさを覚えたり。
作品の特徴はキャラの動きがとても自然ということ。
最初にストーリーが破綻しないような性格を与えておき、あとはキャラの動くままにしている感じ。
だから「作者がしっかりキャラを動かしている」というよりは「作者がきちんとキャラの行動を追い、うまく伝えている」感じがする。
たまによくある「欲しい展開のためにキャラの感情や行動がコントロールされる」ことが一切ない。
オーソドックスな性格をしているのはそのためかもしれない。

また、「1クールできちんと話をしないといけない」というところでムリがなく、しかも重さはあんまり長く引っ張らず。
でも軽い話にも端々に背景が見えるようで、主題を忘れさせない。
小説は読んでませんが「作るのがうまいなぁ」と感じる作品でありました。


6つ目
『ギャグは2人で十分できる』
・キルミーベイベー

漫画は1巻だけ所持。「まぁまぁ面白い」程度の認識でした。
アニメ、最初はちょっと「?」なところもあったのですが、5話ぐらいだったかな?一気に面白くなった。
シュールさを全面に押し出し、ヤスナ役の赤崎千夏の演技が光る。変声から真面目風、ボケ、なんでもアリ。
展開は結構パターンなんだけど、それを読まれた上でのヤスナとソーニャの掛け合い。面白いww
人数も2人+αで全て完結。人数増やせばいいってもんじゃないとこの作品が物語ります。
あと、没キャラが凄い光った。ツンデレで生意気でいろんな作品で主役を張るくぎゅうをあんな役で使うとはw
あの没キャラが釘宮だったことでこのアニメの面白さは数段ましたと思う。声優の人気を逆手に取った起用。
やっぱJCSTAFFはやることが違うわぁ・・・



以上6つ。
6つの中で順位が・・・というのはあんまり考えていません。
ただ、諸事情でトップ5から最後の最後で転げ落ちたロウきゅーぶ!がこの中では1番かもしれません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2011年度アニメのまとめをようやく。 さわたり的ギリギリ減量 life/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる